東京八王子西ロータリークラブ

TEL:042-649-3751お問合せ:h-westrc@titan.ocn.ne.jp

委員会活動計画

 

クラブ奉仕委員会

委員長:神辺 和幸

本年度、副会長並びにクラブ奉仕委員長を拝命いたしました。
各委員会と協力をして、例会の充実、出席率の向上、退会の防止、会員間のコミュニケーションを図りながら、関会長の想いを実現すべく、地域社会への貢献をして参りたいと考えております。一年間よろしくお願い申し上げます。

出席委員会

委員長:岡本 信之

例会の出席率の向上を目指して、関会長の「輪を広げ未来につながる奉仕を」の標語のもと、我ら後期高齢者の出席委員会のスタッフ一同、一丸となって「会員を例会にあたたかく迎えよう!」をモットーに、老体に鞭打ち精一杯務めて参る所存です。
会員の皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

財務委員会

委員長:松島 勝

新型コロナ感染症の影響で、不自由な生活が続いて3年目に入りました。
早くマスクをはずした普通の生活に戻りたいですね。
さて、本年度の財務委員は、副委員長は角田会員、経験豊富な諸先輩方々、杉本会員、森会員、山本会員、西川会員の5名と共に担当いたします。
ニコニコは、三祝、仕事や生活の節目、本人や家族の祝い事などの喜びを報告することにより、クラブ全員でお祝いするものです。
皆様方の温かい気持ちが頼りです。1年間ご協力をよろしくお願い致します。

広報委員会

委員長:浅川 立憲

広報委員会の主な仕事として、ホームページの運営とウイークリーニュースの発行があります。
ホームページは基本的に昨年のものを踏襲しますが、その内容は更に魅力的なものにし、外部に向けて我々の活動を発信していきたいと思います。
ウイークリーニュースは、年間 20 号の発行を目指し、他委員会としっかり連携を取って記録と親睦、そして未来につながる奉仕に努めて参りたいと思います。
また、皆様の生きがい、趣味などございましたらご投稿も随時受け付けておりますので、お気軽にお声がけください。

親睦・家族委員会

委員長:立花 探

ロータリーの大きな柱である「親睦」を一年間お引き受けすることとなり身の引き締まる思いです。
昨年、一昨年とコロナ渦により多くのイベントの実施が困難となりましたが、今年度はできる限り多くのイベントを実施する予定です。
多くの会員の皆様・ご家族に楽しんで頂けるよう、さらには会員間の繋がりを一層深められるよう例会・イベントを通して、「ロータリーメンバーでよかった!」と実感して頂ける「ひととき」を八木副委員長・池田副委員長・長尾副委員長や委員会メンバーと企画実施して参ります。
よろしくお願い申し上げます。

職業分類R情報委員会

委員長:石森 浩元

当委員会はロータリークラブに入会されます新会員に早くクラブに馴染み、活動していただくようにロータリーの歴史、理念、RI、地区とのかかわり、奉仕活動の意義、例会出席義務等について丁寧にレクチャーし、良きロータリアンになられるようサポートしていきたいと思っています。
金子裕二会員と共に当クラブの発展のため努力してまいります。よろしくお願い申し上げます。

プログラム委員会

委員長:町田 修一

2022-23年度プログラム委員長を務めさせていただきます。ロータリー活動の中で重要な位置を占めているのが例会であると思います。コロナ禍に対する社会の対応に変化が見える中、クラブ会員の皆様に少しでもお役に立てる例会内容を準備したいと感じております。
私自身は、経験を含め未熟者でございますが、委員会メンバーとして、礒間正裕会員、滝島德久会員に副委員長をお願いし、さらに知識・経験ともに豊富な石井昭久パスト会長、大田吉彦会員、井上知巳会員、平野智彦会員、小林洋文会員の皆様と共に例会プログラムを企画してまいります。
会員の皆様には、卓話をお願いする場合や講師のご紹介をお願いする場合もあるかと思いますので、その際はご協力の程をよろしくお願いいたします。また、不慣れな点も多く、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、一年間頑張りますので何卒よろしくお願いいたします。

会員増強選考委員会

委員長:宮原 真吾

会員増強選考委員会は、歴史と伝統のある当クラブを維持・存続させて、活発な活動を続けて行くため、最も大切なクラブ奉仕活動のひとつであると思います。その為には、会員の皆様のお力添えを賜り、一人でも多くの情報を頂き、新しい仲間を増やして行くことを目指して参ります。
また、当クラブの魅力を内外に積極的に伝え、「入会したいクラブ地域No.1」になれるよう、会員の皆様と共に委員会メンバー全員、フルスロットルで活動して参ります。
会員の皆様には、クラブ運営の礎となる会員増強に向け、引き続きのご協力をお願いいたします。

職業奉仕委員会

委員長:相川 博

ロータリークラブの四大奉仕のひとつである職業奉仕は、ロータリー活動の根幹であると言われています。
ロータリアンには、自らの職業を通して社会貢献を果たす役割が求められているのです。
今年度は、副委員長に平沼北斗会員と、松﨑眞司会員、委員として大石和春会員、田中伸行会員、森崎博之会員、門倉裕会員の7名で活動して参ります。
本活動は前年度の山口委員長の発案によって始められた、「フードバンクへの支援」という時宜にあった活動を多少アレンジして継続して参ります。
会員の皆様のご協力をお願いいたします。

社会奉仕委員会

委員長:市川 隆

2022-23年度の社会奉仕委員長を務めさせて頂きます。
副委員長に高橋会員、小杉会員、委員に田辺会員、野口会員、大石創元会員、勝田会員の7名で1年間社会奉仕活動に取り組んで参ります。
社会奉仕委員会では地域社会奉仕活動であります武蔵野陵参道の清掃活動を例年に続き行います。
また、その時には東京八王子ローターアクトクラブにもお声掛けをしメンバーにも参加して頂き共に社会奉仕活動するなかで交流を深められればと考えております。その際には会員の皆様のご指導、ご協力を宜しくお願い致します。

国際奉仕委員会

委員長:瀬沼 庄次郎

今年度国際奉仕委員会委員長を仰せつかりました。
委員会メンバーには、副委員長として鳥羽正浩会員・久保英生会員、委員として安藤謙治会員・鈴木雅徳会員・石岡祐司会員の六名で一年間活動してまいります。
委員会としましては、国際奉仕委員会四年目となります継続事業の「水と衛生」をテーマに、引き続きRI3350地区ノンケームロータリークラブと連携し、安全な水がいつでも飲める環境の整備事業に取り組み、支援していきます。
また、国際大会に参加し、ワールドワイドなロータリー活動も視野に入れていきたいと思います。
多くの会員の皆様のご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

新世代委員会

委員長:福田 邦人

今年度新世代奉仕委員長を務めさせて頂きます福田邦人です。
当委員会は、草間剛会員、渕上安会員に副委員長をお願いし、菊池功会員、安藤磐会員、岩田祐樹会員の6名により活動して参ります。
本年度、青少年交換プログラムによります青少年交換留学生として、滝島会員のお嬢様凛夏さんが2022-23年度にブラジル連邦共和国への派遣が決定いたし、委員会として活動の支援と協力を推し進めてまいります。
八王子ローターアクトクラブとの交流を推し進めフォローも更に重ね、ローターアクトの会員増強と活動を支援し、活発な事業展開により、将来のロータリーメンバーへの道筋をより身近なものとして、当クラブへの会員増強の一筋となるべく活動をしてまいりますので、会員の皆様よりのご指導、ご協力をお願いいたします。

R財団委員会

委員長:山本 俊明

今年度の委員会メンバーは、副委員長の倉田正パスト会長をはじめ、村内道昌委員、福山眞吾パスト会長、と、私を含めて4人の構成となります。よろしくお願いいたします。
ロータリー財団は、「世界で良いことをしよう」を標語に、世界中のまだ手を差し伸べていかなければならない人々に、たくさんのあたたかい手を差し伸べています。
その財源となる寄付には、年次基金、恒久基金、ポリオプラスの3項目があり、それぞれにクラブごとに目標額を設定のうえ管理運用されています。
会員の皆様のご理解、ご指導、ご協力のほど、心よりお願い申しあげます。

米山奨学委員会

委員長:加藤 直也

2022-2023年度米山奨学委員長を務めさせていただきます。
委員会メンバーは馬場榮次副委員長、三浦眞一会員、萩原照久会員、及川久男会員の5名にて会長方針に従い一年間活動してまいります。
米山奨学会とは将来母国と日本との架け橋となり国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学することを目的といたします。
奨学金を支給し支援を行うために会員の寄付金にて賄われておりますので、会員の皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

戦略計画委員会

委員長:金子 裕二

この委員会は、今年度より新しく追加された委員会です。
クラブや地区の目標とビジョンの達成に向けて、行動するために必要になるのが戦略委員会です。会員の活動をより活発にし、会員の満足度を高めるためにも活動していきたいと思います。
副委員長さんに、神辺副会長さんをお迎えし、より活発な意見交換が出来る様努力したいと思います。

SAA(会場監督)

伊藤 則久

本年度のSAAは、橋本会員、三村会員、小林孝行会員、塩野会員、明利会員、安田会員の6名の会場監督補佐と共に担当いたします。
関会長の標語「輪を広げ 未来につながる奉仕を」のもと、関連委員会との連携を考え、会場設営、司会進行、食事の手配等に配慮を心掛け、充実した例会を開催できるよう努めてまいります。
会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。

 

↑ PAGE TOP