東京八王子西ロータリークラブ

TEL:042-649-3751お問合せ:h-westrc@titan.ocn.ne.jp

会長ごあいさつ

 

集まろうロータリー

東京八王子西ロータリークラブ会長 金子裕二 2020-21年度、国際ロータリー第2750地区、東京八王子西ロータリークラブ第55代会長を拝命します。この歴史と伝統のある八王子西ロータリークラブの会長をお引き受けするのに当たり、浅学菲才の私にとりましては不安等が多々ございますが、皆さまのご協力をいただき精一杯務めてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

2020-21年度ホルガー・クナーク国際ロータリー会長は、「ロータリーは機会の扉を開く」を標語として、数字を掲げての成長よりも現会員の維持と新会員との組織の強化を目指しています。また、クラブに入会することで無限の機会が開かれます。ポリオの根絶のような大規模なプロジェクトから、地域社会のプロジェクトなど奉仕する機会へ扉を開いていますと述べています。

2020-21年度、国際ロータリー第2750地区福原有一ガバナーは、『「バリアフリー・マインド~相手と同じ視線に立つということ」をテーマとして、奉仕をする側もされる側も同じだという心のあり方です。上からのお仕着せや、奉仕のルールばかりを強調せず、柔軟な心で相手と同じ土俵であってほしい』と述べています。

今年度は全体事業として55周年事業の実施、ロータリーの基本となる奉仕活動の充実、会員の退会防止、例会への出席率の向上と55周年事業を重点にして活動していきたいと思います。

55周年事業は、実行委員会を設けて、委員の皆様のご意見を集約した中で全体事業を実施したいと思います。

四大奉仕活動は、職業、社会、国際、新世代の各委員会で前年度のタイ王国への浄水器設置プロジェクト、武蔵野陵参道の清掃活動の継承等を実施し、より多くの会員が参加できる事業を実施します。

例会への出席は、ロータリアンの義務とされています。例会出席への呼びかけや、出席率の向上のためにも楽しい例会ができるように心がけていきます。例会での担当や会員同士のコミュニケーションを密にすることで退会防止に繋がると考えるからです。

今年度は国際奉仕事業の活発な活動を行うためにも、ロータリー財団委員会と米山記念奨学委員会とを分けさせていただきます。ロータリー財団委員会では、ポリオ撲滅運動に代表される財団の各活動に参加します。米山奨学委員会では奨学生へのサポートなどにより国際奉仕事業への会員の活動を支援します。

親睦行事として親睦旅行、日帰り旅行や親睦ゴルフ等を企画します。また、事業として創立55周年の事業を実施、前年度より始まったタイ王国への浄水器設置プロジェクト、武蔵陵墓地参道の清掃活動の継承など、より多くの会員が参加できる事業を実施したいと思います。

会長テーマを「集まろうロータリー」、会長カラーは「すみれ色」とします。

会員の皆さんが集まり、楽しく例会が開催できますよう一年間頑張りますので、ご支援、ご協力をお願いします。

東京八王子西ロータリークラブ
会長 金子 裕二

 

幹事ごあいさつ

東京八王子西ロータリークラブ幹事 中村晋也このたび幹事職の大役を仰せつかりました。
原啓一郎副幹事、山本俊明副幹事の両名と協力し、金子裕二会長の思いを具現化するために精一杯務めてまいります。
各委員長と共に円滑なクラブ運営と55周年事業に向け楽しいロータリー活動をしていきたいと思います。


東京八王子西ロータリークラブ
幹事 中村 晋也

↑ PAGE TOP