東京八王子西ロータリークラブ

TEL:042-649-3751お問合せ:h-westrc@titan.ocn.ne.jp

会長ごあいさつ

 

輪を広げ 未来につながる奉仕を

東京八王子西ロータリークラブ会長 関和之 2022-23年度、東京八王子西ロータリークラブ第57代会長を拝命しました。この歴史と伝統ある八王子西ロータリークラブの会長の機会をあたえて頂きました会員の皆様には感謝を申し上げます。
精一杯務めさせて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。

2022-23年度、ジェニファー・ジョーンズ国際ロータリ―会長は、「イマジン ロータリー」を会長テーマとして、「私たちには皆、夢があります。しかし、そのために行動するかどうかを決めるのは私たちです」。この様に述べ、「昨日のことをイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです」と、大きな夢を抱き行動を起こすことをロータリー会員である我々に求めています。

2022-23年度、国際ロータリ―第2750地区の富澤為一ガバナーは、「ロータリーを広げよう」と言うスローガンのもと、将来自分たちのクラブがどんなクラブになりたいのか立案し、会員増強の長期計画の必要性を述べています。

この2年半ほど前から始まった、新型コロナ感染症は、完全に終息とはいかず、まだまだ予断を許さない状況が続いています。できることであれば、今年度はすべてのロータリー活動が、通常どおり開催できることを願っておりますが、これからは、今までと違った形で、活動を進める検討もしなければならないとも感じております。

そのような中、今年度の八王子西ロータリークラブの活動は、「輪を広げ 未来につながる奉仕を」を会長標語といたします。

「輪を広げ・・・」とは、文字通り、仲間の輪のことであり、会員増強を表現しております。また、輪=和とも考え、クラブの仲間の親睦を図り、結束力をもって、行動につなげたいと思います。

クラブの例会においては、ウイズコロナ・アフターコロナの状況も考慮しつつ、会員同士の情報、意見の交換の場としても、充実した集まりとなるよう、運営し、会員のみなさまにもご協力を賜りたいと思っております。

次に、「・・・未来につながる奉仕」活動として、クラブ組織に、今回新しく戦略計画委員会を設けることと致しました。これは、持続可能な開発目標である「SDGs」の考え方からも学び、当クラブも目標を設定し、継続して未来につながる活動に出来ればと願っています。

そして、四大奉仕活動は、八王子市を窓口とした、八王子市地区へのフードバンクへの支援。地区補助金を活用し、タイ王国への浄水器の設置プロジェクト。地域環境、地域貢献の一環として、武蔵陵参道の清掃活動。そして、八王子ローターアクトクラブへの支援。等を行って行きたいと思います。

これからの1年間、幹事、副幹事、各委員長の方々と協力し合い、会員の皆様が、楽しく参加できる様心がけながら、一つ一つを企画して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

東京八王子西ロータリークラブ
会長 関 和之

 

幹事ごあいさつ

東京八王子西ロータリークラブ幹事 榊田義久この度、関会長年度にて幹事職という大役を仰せつかりました。
田村肇・秋間勝仁両副幹事と力を合わせ、円滑なクラブ運営を心掛けて参りたいと思います。
これからも会員の皆様と共に、ロータリーをたのしみましょう。


東京八王子西ロータリークラブ
幹事 榊田 義久

↑ PAGE TOP