東京八王子西ロータリークラブ

TEL:042-649-3751お問合せ:info@hachioji-west-rc.org

会長ごあいさつ

 

たかがロータリー・されどロータリー

東京八王子西ロータリークラブ会長 福山 眞吾一昨年度、我がクラブ半世紀の歴史を塚本会長、関幹事、石田実行委員長を筆頭に会員が一丸となり成し遂げました。周年事業を行う意義は50年前の設立時会員の燃えたぎる情熱、英知、行動力を現会員が再確認するよい機会でした。大石創元会長年度は内部充実を重点に取り組み、その一年後の第52代会長に推挙頂き、歴史と伝統のあるクラブを引き継ぐ機会を下さいました事は浅学菲才の私にとりまして不安が付き纏う日々ですが、精いっぱい務めさせて頂きます。

2017-18年度イアンHS.ライズリーRI会長のテーマ「ロータリー:変化をもたらす」と提唱されています。ロータリーとは何かと問われると知らない訳ではないがロータリーがあまりにも大きく複雑すぎて説明出来なかった……。

ロータリーとは会員制の団体、クラブを基盤とした団体、奉仕を行う団体であり、町ごと、地域ごと、そして全世界で活躍する団体です。会員は事業人、職業人であり、現役で仕事をする人もいれば定年退職の人もいます。112年の歴史と120万人の会員、世界のほぼすべての国で活動しています。イアンHS.ライズリーRI会長は私にとってロータリーとは「どのような団体か」ではなく「何をしているか」で定義すると述べると共に、入会のきっかけが何であれとも述べています。

2017-18年度国際ロータリー第2750地区ガバナー猿渡昌盛氏は、地区チームはクラブの為に伝統を守る、或いは柔軟な変化をもたらすか、多様なクラブ誕生の一年で有りますが、充実した一年にしたいのでご理解とご協力をお願いしますと述べていらっしゃいます。

重点事業でありました八王子市教育委員会との共催で行われてきた読書感想画・感想文コンクールにおきましては、5年間という節目にて区切りとし、八王子・台湾友好交流協会に移管することとし、今後は当クラブが後方援助をしてまいるには、八王子・台湾友好交流協会に未加入の方にぜひ共入会という援助をお願いいたします。 RI会長が「何をしているか」と唱えるなら「何をするか」だと思います。

世界で自然災害、紛争、テロ事件等、国内では22年前の1.17阪神淡路大震災、6年前の3.11東日本大震災の津波の恐ろしさ、昨年の熊本大震災が記憶に残ります。

世界の平和、守ろう地球、紛争のない世界、慈愛の精神等はロータリークラブの基本と考えます。老壮青とバランスのとれた我がクラブだから先駆けよう。会長経験者が現役会員として18名、知恵と経験を活用させて頂きます。3月第1例会は第2500回目となりますので特別委員会を設置し企画してまいります。

「たかがロータリー・されどロータリー」いざ皆さん、スタンドからグランドへ降り、いい汗をかき、旨い酒を飲みましょう。

“為せば成る 為さねば成らぬ何ごとも 成らぬは人の為さぬ成りけり”は米沢藩藩主上杉鷹山の名言です。一年間頑張ります。

東京八王子西ロータリークラブ
会長 福山 眞吾

 

幹事ごあいさつ

東京八王子西ロータリークラブ幹事 橋本 孝このたび幹事職の大役を仰せつかりました。

市川副幹事・小杉副幹事と協力し、福山会長の熱い思いを貫くために精一杯務める所存です。

会員数が100名を超しましたが、更なる会員増強を目指すと共に、各委員長と密に連携を取り合って、楽しいロータリー活動を展開していきたいです。


東京八王子西ロータリークラブ
幹事 橋本 孝

↑ PAGE TOP